ぬか漬けたまごの作り方(黄身がしっとりゆで卵)

2018-09-19ぬか漬け, おつまみ, たまご, 食べもの

適当ながらも「ぬか漬け」を始めてみたよー。っていう日記を書いたんですけれども↓

基本のお野菜以外を漬けてみようと、まずは無難そうな「たまご」やってみました。私たまご大好きなんですよね…。

ただの塩玉子になりそう・・・と思ったのですが、ぬかの風味がちゃんとプラスされてまろやかな美味しい玉子になりました。

今回は黄身が固まりきっていないぎりぎりのしっとりたまごで。おつまみにもいい感じ。

作り方(しっとりゆで卵を作る)

しっとり茹で玉子はいろいろ作り方あると思うんだけど、私がやっていた方法を…。何度か失敗しつつ、いい感じに作る方法を見つけました!わーい!

  1. 玉子を冷蔵庫から出して室温にしておく。
    暑い日、夏とかは気を付けて…。私はだいたい常温の水につけておくことが多いです。こうする方が茹でたときに割れにくい気がする。
  2. お湯を沸騰させて、そーっと玉子を入れる。
    沸騰したら火は弱めて、それからお玉でそーーっと投入。火はけっこう弱めて少しポコポコしてるかな?くらいに。
  3. 最初の写真くらいにしっとりなら8分!お好みで調整してください。
    でもぬかに漬けるって考えるとあんまり半熟はやめた方がいいかも。そして最近はこんなものも使ってます。

    エッグタイマー!!!かわいい!!100円ショップDAISOで買える!
    これもつかえば思い通りのしっとり具合に出来ます。
    冷蔵庫にいるとかわいいし、おすすめです。

  4. 時間になったら火からおろして、水につける。
    すぐ剥くと熱いので、殻にひびを入れた状態でしばらく水につけて置きます。
  5. 殻をむいてぬかに漬ける!
    ぬかの状態によりますが、私は24時間くらいでちょうどいい感じに漬かりました!

    見えにくいけど、すこーし色がついてます。見た目より味はついているので漬けすぎ注意です。

これはお酒を飲む人にはいいおつまみになります。
茹で玉子を作ったらあとは1日漬けるだけなので、ぬか床持ってる人はぜひ。

あとエッグタイマーはほんとに優れモノ!!買ってよかった!

100円で手に入るなら早く買えばよかった( ノД`)

ちなみに卵は1日1個!って聞いたことありませんか?実はそんなことないみたいですね。

1日2個がおすすめみたい。しかも

卵にはコラーゲンを形成する非必須アミノ酸「グリシン」「プロリン」など比較的豊富に含まれているので美肌に良いとされています。

美肌効果あるのか…。

この『日本卵業協会』のホームページ、たまごのいろいろが知れて楽しいです。

タマゴは、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素を含んでおり、そのうえたんぱく質は食品のなかでも最も良質とされています。
さらに、タマゴ1個(60g)は、わずかに81kcalと意外に低カロリー。きちんと栄養をとり、体力を衰えさせずにダイエットするには、まさにタマゴはなくてはならない理想の食品なのです。

ダイエットの味方でもあったんだって。

私も今ダイエット中ですが、1日1個は卵を食べてる日が多いです。…好きなので。続けようと思います( ´∀` )

そういえば「美女と野獣」のガストンは卵1日10個って歌ってたような…。さすがに食べ過ぎだけど、良質のたんぱく質のおかげで筋肉はもりもりーー♪てことか…。