心療内科・精神科の受診、診察。こんな感じでした。

2017-11-07双極性障害, 心療内科, 精神科

うまく眠れない、気分の落ち込みが続いている。なんだか調子がおかしいけれど、身体には異常がなかった…など、そんな時は心療内科(精神科)へ行ってみましょう。

海外のドラマ、映画などではけっこう気軽に受診する様子が出てきますよね。
それくらい気軽に、早めに行けるようになるといいのですが、やはり受診に抵抗がある人も多いのではないでしょうか??

私も最初はそうでした。どういう診察をするんだろう?とか、予約は?とか、わからないことだらけで、しかも心が弱っていればなかなか動けませんよね💦

そんな当時の私のような人へ、診察の流れを書いてみようと思います。
少しでも受診の不安を減らすお手伝いができればと思います♪

ラベンダー

 

心療内科・精神科の受診(初診)

 

私が行った病院でのことなので、他のところでは少し違う可能性もあります
そこはご了承いただければと思います。

精神科と心療内科の違いなのですが、簡単にいうと「心の病気→精神科」「心が原因で体が不調→心療内科」のようなのですが、だいたいどちらでも体の不調はあったり、心の不調があったりするので、どっちがメインのなのか自分で判断するは難しいと思います。

とりあえず、電話などで聞いてみましょう。

 

初診は電話予約制が多い

ほとんどの心療内科・精神科は
初診時、電話で予約を取るようになっています。(メールなどの場合もあります)

電話で受診したい旨を伝えると、名前、年齢などの基本的なことに加えて
「どんな症状でお困りですか?」とか聞かれると思います。

私は「気分が落ち込む」「仕事に行けない」「眠れない」とかを伝えました。

すると予約を入れてもらえるのですが、病院によっては診察まで1か月とか、もっと待つことになったりもします。

心の様子がおかしいぞっと思ったら、早めに電話しましょう。

今回私は翌日に予約が取れました。

初診時は予約の時間の少し(10分ほど)前に来るように言われました。

初診 受付から診察

 

受付

 

当日は指定された時間に病院へ。
受付に予約した○○です。など声をかけます。

問診票を書き(このために早目の時間指定なのでしょう)、待合室で少し待ちました。

待合室には数人。静かな感じです。

ただ、話をすることがメインの診療になる病院なので、
前の人の診療時間によっては混んでいなくても、人が少なくても、時間通りに診察できないこともあります。

待つことも想定して、行くときは予定を詰めないようにした方がいいですね。

 

 

診察

 

呼ばれたら診察です。

前に行った心療内科では診察する場所から通路の間に
仕切りがあるだけだったりして、距離があるとはいえ
声の大きい人の話はぶっちゃけ丸聞こえだったのですが(;´・ω・)

今回の病院は診察室がしっかり一部屋になっていて、ドアを閉めると外には声が聞こえません。
こういうところは安心して、落ち着いて話せる気がして嬉しいですね。

電話で伝えた症状などを見て、先生が質問してくれるので、答えていきます。

どうやって話したらいいかわからないし、まとまらない…ってなっていても
だいたい先生が引き出してくれるので心配することはないです。

話したいことがあるときは、忘れないようにメモしておくのもいいかもしれません。

 

 

聞かれたこと。話したこと。

 

自分の状態生活の様子周りの人のことなど…。

あと、私は引っ越し前に他の病院にかかっていたので
その時に飲んでいたお薬などをきかれました。
今現在飲んでいるお薬のこともですね。

実は私、お薬手帳を新しくしたばかりで、古いものが行方不明で…全部はわからなかったのですが、覚えている範囲で伝えました。

あとはうつ状態だったので、死にたいって気持ちはありますかとか。「死なないお約束はしてくださいね」みたいなことを言われました。

いろいろ話しにくいこともあると思いますが、正直に話しましょう。しっかり治療したいですもんね。

情けなくなったり、思い出してつらかったりすると思います。きっと泣いちゃう人だって多いんだと思います。大丈夫です。たぶん先生も慣れています。

私の場合は、だいたい1時間くらい話を聞いてくれました。

…ちなみに、この時点で先生と合わないかも…と思ったら、病院を変えましょう。
合う先生でないと、通いにくいし、治療もなかなか進まないと思います…。

しかし、私は今までそういう先生にはあたったことがありません。
ほぼ心配しなくてよいと思います。

 

診断と治療についての説明など

 

私の場合は前の病院でもらっていたお薬がすでに【双極性障害】のお薬でした。
なので問診では再度確認といった感じだったのかもしれません。

先生から【双極性障害ⅱ型】と思われますので、こういうお薬を飲んでこういった感じで治療していきましょう。とお話がありました。

ただ、私の病気などもそうですが「うつ状態」というような状態の診断はともかく、この先の経過を見ないと「病名はこれ」とはっきりは言えない…ということも多いようです。

初診で病名をしっかり言われなかったからといって、お医者さんが悪いということではないです。焦らずいきましょう。

 

私の場合は、金銭的に困っていることを伝えていたのもあるのか、利用できる支援制度のお話もしてくれました。

「ご希望であれば…」とのことだったので、知りたいときは自分から聞いてもいいと思います。

私の場合は対象疾患の診断も出ていたので、支援を受けていきたい旨を伝えました。

その場合申請には医師の診断書が必要なので、診断書を書いてもらうことになります。お願いすると次の通院の時などにもらえると思います。

私は初診時どうするか迷っていたので、考えます。と言って帰ってきました。

 

 

お薬

終わったら受付でお金を払って薬局へ。

受付で次の予約を取りました。1週間分のお薬だったので1週間後に。

かかった金額は初診料含めて2000円ちょいってとこでした。
+お薬代ですね。私はお薬が1500円くらいだったかな。

診断書を書いてもらったときはその料金も受付に支払います。

お仕事を休むのに診断書が必要なときなどもお願いしましょう
たしか3000円くらいと聞いた気がします。(曖昧)

あとは薬局でお薬の説明をよく聞いて、正しく服用しましょう。

副作用の恐れがあるものも説明されます。
おかしな症状が出たときはすぐに病院に電話です。
自分の判断で飲むのをやめたりするのは危ないのでやめましょうね。

 

 

その他 制度についてなど

 

 

自立支援医療制度の利用と
精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)の交付に必要な診断書は5400円だったかな…。住んでいる市町村や通う病院によって少しずつ違いがあるようです。

他に手続きで必要なものは、市区町村の担当窓口で教えてもらえました。
あとは用意して行けば大丈夫…なはず…。

制度についての詳しいことは、私の手続きが終わって
利用を開始する時に詳しく説明してくれるとのことでした。

自立支援医療は医療費の負担が1割でよくなる。
精神障障害者手帳は税金の控除がある。
ということは先生からさらっと聞いていますが…。

あと、手帳がなくても自立支援医療の制度は受けられるそうです。

★制度について、詳しいことは自分の住んでいる市区町村の窓口で聞いてみましょう。
細かいところなどは市区町村によって違いがありそうです。★

 

 

まとめ

先生と話すことで、自分の状態がわかるっていうのもあると思います。

ちょっと元気がないだけ、ちょっと眠れないだけ、たいしたことないと言われそうなことでも自分がつらいときは病院に行ってみましょう。

たまにそういう精神の薬は体に悪いとかいう人もいますが、そんなことはないです。
つらいのを我慢し続けるよりも、早めにお薬の力を借りて復活した方が良いですよ。
病院や薬局で言われた通り正しく服薬していれば大丈夫です。

私の次の受診は来週。
今回は2週間分のお薬がもらえました。
お薬飲んだからと言ってすぐに元気になるわけではないですが、しっかり治療をしているというだけで、ちょっと気持ちは安定する気がします。

どうしようか迷っている人はとりあえず早めに予約取って行ってみてもいいかもしれませんよ♪