マイティー・ソー/バトルロイヤル感想。&【マーベル映画の順番】

MCU

※ネタバレします!
※【マーベル映画の順番】を観たい方は目次から飛ぶと早いです。

観てきましたマイティー・ソー、3作目、バトルロイヤル!
原題は「Ragnarok(ラグナロク)」で、「北欧神話世界での終末の日」またまた暗い話なのかな?と思いきや、笑いっぱなしでした。なんだこれ。

そもそも監督が決まった時点で、さらに予告を見た時点で、これは(なにかしら)やらかしてくれそうだぞっと思っていましたが、予想以上でした。

thor
ちなみにIMAXで観てきました。クリアファイルもらえました!わーい!

タイカ・ワイティティ監督

タイカ・ワイティティ(めっちゃ言いにくい)監督
彼にはもうありがとうですね。こんなに楽しい作品をありがとうです。
3作目。まぁまぁ暗めの…というか重厚感のある感じというか…そんな感じの雰囲気になると思っていました。ラグナロク…神々の話だし。

なので、最近の『スパイダーマンホームカミング』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にあるような、ノリのいい笑える映画は期待していなかったんですよね。

それがこの監督の手にかかるとこうなるのか!!と。すごい楽しい映画になっていました。

ドクター・ストレンジの特典映像の中で監督が「笑える映画にしたい」と言っているのは見ていたのですが、こんなに面白くなるとは…。

作品はシェアアウス・ウィズ・ヴァンパイアしか観たことがなかったんですが、笑いのツボがおもしろいというか、独特な作品でした。

ちなみに監督自ら出演しているし、私はかなり好きなので、よかったら観てほしい。気の抜けた感じでおもしろいよ…
映画『シェアアウス・ウィズ・ヴァンパイア』オフィシャルサイト

そしてチラチラ聞こえてくる「今までの作品は無視する」宣言。

こわい…大丈夫かな…と勝手に不安に思ってました。

…が、観てみれば今までの作品のファンを裏切らない…というか
120%楽しませに来るすごい映画が出来上がっていたわけです。
そう、めっちゃ楽しませに来ます。ぐいぐい来ますね。

「今までの作品は…」というのは、ユニバースの中の1本ということに固執せず、1本の最高の映画を作りたいっていうことだったみたいですね。

 

アドリブ80%

私が見た雑誌では「セリフの95%がアドリブ」とも書かれていました。
これは俳優さんたちもすごくないですか?
即興で演技しているってことですよね。
セリフが決まっていても演技って難しいと思うのに…。

プロはすごいですね。

きっと自分の役を考え、理解し尽くして、きっちり自分の中に落とし込んでいるんでしょうね。
そのうえで好き勝手に(のびのびと)楽しんで演じているのが伝わってきました。

だからこそ、それぞれのキャラの個性がめっちゃ強くなってます。

一緒に映画に行った妹との会話で彼女が「壮大なファンメイド」って言ったのですが
本当に、その通りだと思う。
ファンが(私が)見たかったあんなシーンこんなシーン全部やるよ!!!って感じです。

…そういえば、アンソニー・ホプキンスも即興で?アドリブであのシーンやったんですかね…。

 

ソー

ソーはより陽気に、面白くなっていました。

ソー役のクリス・ヘムズワース、今回また筋力アップしてますよね…。
恒例のサービスシーン(ソーが突然上半身裸を披露するシーン)でもわかるけれど、かなり大きくなってる。
どうやら1日6000キロカロリー(!)摂取して、約9キロほど筋肉量増やしたそうで…。

ムジョルニアを失って弱々しく…なっている暇もあまりなかったですが…。
ハンマーなしで戦えるようになってからの「ハンマーで戦う神様」じゃなくて「雷神」という感じがなかなか良かったです。

神様感がレベルアップ。

 

ロキ

ロキはより悪戯をしかけ、そしてなぜか可愛く…。

ロキは…なんだか可愛くなってましたよね?
あんな感じだったかな?吹っ切れたのか、ぶっ飛んだのか、両方なのか。
とにかく出てくればなにかしら笑えることが起きていたので、最後の方はロキが出てくると期待しちゃってました。
お笑い担当でしたっけ…。

いつも通り兄上に悪戯を仕掛けるものの、今回は見破られがちです。
実体かどうか確かめるために、ソーがロキに向かってめっちゃ雑に物を投げるの、かなり好き。

兄弟仲こじらせてるはずなのに、今回さらっと明るく面白い感じなのいいですね。

今回ロキが一番怒ってたのは30分落ち続けてたところですかねー…。
ガチでキレてましたね。

 

ヘラ

ケイト・ウィンスレットによるMCU初の女性ヴィラン、ヘラ。

美しすぎるでしょ!!美しさの暴力!!

アクションも、立ち姿も美しい。そして強い。ひざまずきますよね、私なら秒でひざまずく。
出てくるたびに一挙手一投足に魅入ってしまう死の女神…すごい迫力…。

最強で倒せなくて…大変なのはわかるけど、もし叶うならもう1回出てきてほしいくらいですね…。

「髪をかき上げるしぐさ」が、戦闘モードへのスイッチ。あれはかっこよかった。

 

全てのキャラが生き生きしてる。

みんな生き生きしてて人間らしい魅力にあふれていました。
まぁ、人間っていうか…アスガルド人だったりとか…いろいろなんだけれど…。

まずハルク!喋ってる!っていうところです。
今まではちゃんと会話って、ぜんぜんしてなかったから…。新鮮でしたね。
バナー博士も今回かなりいい味出してて、これは新しい感じだなってワクワクしました。
他のアベンジャーズメンバー達とハルクはどんな関係を築くんだろう…。
っていうか…バナー博士は…?

グランドマスターはキャラが濃すぎて大好きでした。
このキャラもまた見たい。
この人がいるっていうだけで、DVD、Blu-rayとかの映像特典に入る「ギャグリール」が楽しみなっている私がいます。

酒豪のヴァルキリーはさいこーにかっこよかったですね!
最初はぐだぐだに酔っぱらってるし、お酒飲むの早すぎるしで、びっくりしたけど…。
戦闘ではめちゃくちゃかっこいいし、めちゃくちゃ強い。
これは惚れるキャラクターです。すべてがかっこいい。

そして、アスガルド人ながら一番人間らしい弱さを見せてくれたスカージ。
すごい人(神)ばかり出てくるけど、ほとんどの人は弱くて流されちゃうスカージなはずなんですよ…。
目線が上に行き過ぎて、自分の中の基準がぶれるのを防いでくれてたキャラクター。
そんな彼の最後の勇気は、すごかったと思う。愛すべきキャラクター。

 

音楽

あの音楽、欲しくなりますよね、観た後。

あの無双の時の音楽。予告でも使われてた曲。

Led Zeppelin の 『Immigrant Song』 です。

テンション上げる必要があるときは聴いてあげていきましょう!

 

マーベル映画の順番

ここらでもう一度、マーベル映画作品の順番をおさらいしておきたいですね。
増えましたねー…。

フェーズ1

アイアンマン

インクレディブル・ハルク

アイアンマン2

マイティ・ソー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

アベンジャーズ

 

フェーズ2

アイアンマン3

マイティー・ソー/ダークワールド

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

アントマン

 

フェーズ3

キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー

ドクター・ストレンジ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

スパイダーマン:ホームカミング

マイティー・ソー/バトルロイヤル

ブラックパンサー(2018年3月1日公開)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年4月27日公開)←US公開よりも早い!

アントマン&ワスプ(USは2018年7月6日予定)←日本はわかんない!

キャプテン・マーベル(原題)(USは2019年3月8日予定)←同上

アベンジャーズ/4(タイトル未定)(USは2019年5月3日予定)←同上

 

その後…(フェーズ4??)

スパイダーマン:ホームカミング2(原題)(USは2019年7月5日公開予定)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3 (原題)(2020年公開予定)

 

だいぶ長くなってしまいましたが、今のところはこんな感じみたいです。
おそらく、ちょこちょこ変更も出るかなと思いますが…。

どの作品から観ても楽しめるとは思いますが、順番通り観てみてもらえればよりマーベルの世界がわかって楽しめますよ♪

これからも続くMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)、
一緒に楽しんでいきましょう!!!!!