海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シーズン4 ずっとつらい…&原作小説もおもしろいよ!って話

2018-11-05海外ドラマ, ネタバレ感想, シャーロック・ホームズ, ベネディクト・カンバーバッチ, マーティン・フリーマン, 小説, アーサー・コナン・ドイル

★ネタバレ感想

シーズン1から3と途中の『忌まわしき花嫁』は視聴済みだったのに、かなり間があいてしまったシーズン4。レンタル出てるのは知ってたものの、無料で来るはずだ…!と待ちすぎてしまった…。
結局ちょっと前に登録したNETFLIXで視聴できた。

NETFLIXでやっと観れるー!ってなって、またシーズン1から見直しちゃった。大好きだなこのドラマ。

シャーロック・ホームズが好き。

私はシャーロック・ホームズが大好きなんですよね。

シャーロック・ホームズシリーズの小説を中学生の時に読んでからずーっと好きです。
たぶん推理小説にハマったのもここからかもしれない。コナン・ドイルからアガサ・クリスティー、エドガー・アラン・ポー、などなど…。

その中でも断トツでシャーロック・ホームズが好きですね。シリーズ全冊買って宝物だったのですが…金欠のときに全部売ってしまって…はぁ…はい、後悔しています。

この緋色の研究 (新潮文庫)から集めました。新潮文庫のが一番見た目がよかったから。ジャケ買い的な感じです。

軽快に進むストーリー、ワトソン先生との友情、頭が良すぎる変人シャーロックが次々に解決するいろいろな事件。ぜんぶおもしろくて大好きです。

たぶん順番は、

緋色の研究
四つの署名
シャーロック・ホームズの冒険
シャーロック・ホームズの叡智
シャーロック・ホームズの思い出
バスカヴィル家の犬
シャーロック・ホームズの帰還
恐怖の谷
シャーロック・ホームズ最後の挨拶
シャーロック・ホームズの事件簿

の順だったと思う。
また読みたいし、買おうかな。

ドラマからシャーロック・ホームズに入ったひとも、ぜひ。
ドラマの中にちょいちょい出てくる「原作小説読んだ人にはわかる小ネタ」が、「あ、今の!!」って楽しめるようになりますよ。

・・・とまぁ、そんな感じに原作から好きだったので、シャーロックのドラマが始まるっていうのを見て「シャーロック・ホームズのドラマ?しかも現代版?観る!!」ってなったのです。
ほんと見てよかった最高でした。
…主役のベネディクト・カンバーバッチの名前を覚えるのには、なかなか時間がかかったけど…。そのころは確か「ベネディクト」って検索するとたまごばっかり出てきまして…。
検索でエッグベネディクトに勝ったの、いつだったんだろうか…。それが今やマーベルのヒーロー(ドクター・ストレンジ)だもんなーしみじみ…。

ベネディクト・カンバーバッチは、小説を読んだ私が頭の中で描いていたホームズ像にかなり近くて嬉しかったですね。現代にシャーロックがいたらこんな感じなんだろうなって。ワトソンくんも。

私の海外ドラマ好きも、海外俳優好きも、映画に本格的にハマったのも、このSHERLOCKがきっかけです。そんなドラマのシーズン4!楽しみすぎるー!って観始めました。

シーズン4感想

シーズン4…たしかにメインビジュアルの時点でかなり暗い雰囲気だったから…まぁ…深刻な事件が起こるんだろうなとは思っていたんだけど、予想以上にきつかった…。

シャーロック…ほとんどずっとボロボロじゃないか…。

1話目。つらい。メアリー回。シャーロックは最初の方少し元気。あのおめでたいハッピーなムードは見ていて嬉しかった…のになぁ…。
人生は本当につらいことを最高の後に持ってくるから…確かに‥‥たちが悪いよね。あの水族館のシーンは見ているだけで鳥肌立つくらいにつらかった。

2話目。つらい。シャーロックはボロボロ。でも悪役の個性が強くておもしろい話。最終的にはジョンとも和解できたし、良かった良かった…。メアリーは全部わかってたんだな…。出来た人だよ…。

3話目。つらい。シャーロックはこれまでになくボロボロにされる。そうきたかー!!!妹かーーー!!間違いなく一番たちが悪く、一番頭の良い相手。まんまとやられまくるシャーロックは見ているこっちもきつい。容赦ないもんな…。こわい。でもラストで救われた。最後明るく終わったのが嬉しかった。そこの部分、もっともっと見せてほしい…つらくないシャーロックたちの日常をもっと見たい。

次のシーズンが楽しみー!!!

って思っていたんだけど、キャストたちが忙しくって先は決まっていない様子…。うーー!そうだよね!みんな忙しいよね…。でも間があいてもいいからこのシャーロックのお話をもっと見たい!!希望は捨てずに待ってみようと思う。