映画『スターウォーズ/最後のジェダイ』感想

※ネタバレあります。

前の週からスターウォーズ/エピソード1から7を見直し、準備万端で映画館へ向かいました。

実はスターウォーズはまだBlu-rayを購入できていないので…。
観たいときは毎回レンタルDVDを借りていたのですが、
今回Huluに全部あったので助かりました。

便利な時代になったものですね。

前作の『スターウォーズ/フォースの覚醒』の公開時には、まだ1作もスターウォーズ作品を観ておらず…「面白そうだったら観に行こうかな」くらいに考えていました。

そんな感じで悠長に構えていた私も、その後すぐにスターウォーズのファンになりました。フォースの覚醒は観たあとにすぐまた観たくなって、結局、1日に2回映画館へ行った思い出があります。

そして今作の公開も心待ちにしていたわけです。とても。

 

 

新世代のスターウォーズ

前作でJJエイブラムスが作り出した新しいスターウォーズの世界は、今までのスターウォーズファンに寄り添って「みんなが見たかった新スターウォーズ」でした。

懐かしいドロイド、キャラクター、ファルコン、歳は重ねたもののハン・ソロとレイアは昔のままの雰囲気で、どこかなつかしいやり取りを見せてくれます。

今作はもう懐古的な雰囲気はほとんど感じず、今、この時代のスターウォーズとして大きく舵をきり始めたような気がしました。途中何度も「スターウォーズ、これでいいのか?」と思うくらいには、新しい色がどんどん足されていきました。

ストーリーの上でも世代交代が進み、ジェダイは世の中から消え、スカイウォーカーの神話は終わりに向かっています。

 

レイとカイロ・レン

前作からの登場のカイロ・レンとレイ、この2人は昔のスターウォーズを壊していきます。この2人がフォースでつながる場面で「やっぱり血が繋がっているのか!」とか思ったのですが、違いましたね。

前作以来、ルークと親子説を唱えていた私、撃沈です。

レイはスカイウォーカー家とは関係のない
酒代のために子供を売るような人間の子供でした。びっくりですよ。
スカイウォーカー関係ないんだ…。フォースに出自は関係ないんだ…。

それでも彼女の強いフォースと、前に進むひたむきな姿は危なっかしいのと同時に希望そのものでした。かっこいいな。

カイロ・レンは自分を作ったすべて(ハン・ソロ、ルーク、スノーク)を破壊しようと少し暴走気味。ハックス将軍、ちょっとひいてましたね…。

前作で揺れに揺れていたカイロ・レンだったので、今回どうなるかドキドキしてたのですが、まだまだ激しく光か闇か気持ちが揺れているようで…。
不安定なまま突っ走っておりました。すごいや。たぶん出てくる3分の2くらいは叫んでたでしょ、あの人…。

本当に、これから彼がどうなっていくのかがとても楽しみです。

 

普通の人間とすごい人間

 

レジスタンスの人たちは今回常にピンチで、奇跡的なことも起こらずにただただ追い詰められていくし、

フィンたちはバタバタしたあげくにすべて無駄に終わっている感あるし。

でも確かに特別なこととか、すごいことができる人間って一握りでその他はバタバタ走り回って、下手したらそのまま死ぬじゃん。リアルかよ…。

たしかに戦争は人が死ぬけどさ、あの追い詰められていく感じつらかったですね…。

ローグ・ワンのときの気持ちを思い出しました。
私は本当にこういうの苦手で…。

だけど、今までだっていっぱい死者は出てたはずなんですよね。その普通の人たちを無視しないストーリーは良かったと思います。
それぞれが必死で戦っていたし、希望は繋がっていたし…。

 

ただやっぱりスカイウォーカーの家系、最強です。
絶体絶命なときに現れたあのルークはかっこよかったですよね!
あと、宇宙遊泳するレイアも!
…この2つは私が「えぇぇぇぇ…スカイウォーカーって…こんなのありかよ…」って
真顔になった2大シーンです。ありらしいです。

あとはレイが抜け道をふさぐ岩をフォースで浮かしたところ。
これはね、こんな人がいたら確実にみんなの希望ですよ。血筋関係ない。

カイロ・レンも弱い弱い言われてるけど、そして気持ちが乱れまくりですけど…!
フォース扱える時点で普通の人じゃないよ…だからハックス将軍もしょうがないですよ…。

あぁ、将軍かわいそうでしたね。冒頭からかわいそう。
彼がこんなにおもしろいキャラになるとは…最高ですね。

 

かわいい者たち

ハックス将軍がわりとおもしろい位置にいたので彼もかわいいんですが、

予告の時点で気になっていたあのこ!!!

やっぱりグッズが出ているー!ぬいぐるみ…かわいいです。

1匹じゃなくていっぱいいたし、ファルコンに巣ができてるし、予想以上にかわいかった…。そして美味しそうだった…。

名前は『ポーグ』らしいですね。

今回はR2-D2も動いてるのがちゃんと見れてうれしかったですね。ルークとの再会はぐっときました…。
あ、C-3POもね。

あとBB8。あのこ!!頭取れるんですね!
爆発で吹っ飛ばされたときに取れてて「あぁ!」って思ったら、さっとくっ付けましたね。引き続きかわいいい。

ここら辺はもうグッズの売り上げが素晴らしいでしょうね。
私も欲しいですこれ。

 

 

これからのスターウォーズ

私は エピソード8 をすべてを受け止め切れていないので、まずはもう1度…か、2度…とか観るつもりなんですが、
すでにその先のエピソード9についてもいろいろ話が出ているようです。

エピソード9の公開日は2019年5月20日(全米公開)
再びJ・J・エイブラムスが監督をするとのこと。

このあと一体どうなっていくのか、まったく予想できないのですが
衝撃のエピソード8を超えるエピソード9を期待しています。

 

賛否両論の今作みたいですが、私はこの新しいスターウォーズ大好きでした。
やっぱり1から6よりは、新しく始まったエピソード7が一番好きだったんですが、
今回のエピソード8も同じくらい好きになる予感。

この先も楽しみです。

映画・海外ドラマ

Posted by ゆらり