ヒーロー集結!映画『ジャスティスリーグ』感想

DCEU

※ネタバレあり!

DCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)

スーパーマンの『マン・オブ・スティール』から始まって、ジャスティスリーグで5作目。

どの映画も気に入っているものの、マーベル映画のMCUに比べると暗めでシリアスなストーリー、まるでバットマンの街「ゴッサムシティ」の曇り空のような映画。

…という雰囲気だと思って今作のジャスティスリーグを観ると、ぶっ飛びます。

空の雲を吹き飛ばすような勢いと、ヒーローたちのパワーに溢れていました。

先に見ていた予告でもその雰囲気は感じられて、公開をワクワクしながら待っていたのですが、
その勢い、予想以上でした。

 

後から知ったのですが、DCEUお馴染みのザック・スナイダー監督に加えて、今作では脚本にジョス・ウェドン(アベンジャーズの監督・脚本など)が参加しているのでそれも映画の雰囲気を変えたりしたのかな?とも思います。

とにかくヒーロー映画です。
ドリームチームの始まりを思いっきりテンション上げて楽しめました。

 

 

ヒーローたちのドリームチーム

ポスターや予告で5人のヒーローが出るというのはわかっていたし楽しみだったのですが、
フラッシュ、アクアマン、サイボーグと3人も初登場(まだ単独映画がない)のヒーローがいるということで

「時間・・・足ります??」

って思ってました。
今までのDC映画のイメージだと、説明的なストーリーがやっぱり多いのかな?と。

さらに『バットマンvs.スーパーマン』のラストのアレもあったので、スーパーマンも復活するだろうと…。

「時間・・・足りる・・・?」

3時間近くなるのでは?という予想は外れて120分。

ちょっと驚いたものの、しっかりそれぞれの見せ場もあって満足満足なストーリーになっていました。

どのヒーローも最高!!

JL

(↑IMAXで観てきました。ポスターもらえたよ!)

 

バットマン/ブルース・ウェイン

なんだか降板の噂を見た気がするんですが、ベン・アフレックのバットマン、好きです。

そりゃただの人間だけど「お金持ち」は最高のスーパーパワーです!ってのを最後まで見せつけてくる。
今までの映画のどれよりも人を受け入れて、柔らかくなっている気がするのはスーパーマンの死がきっかけなんですかね。

超人の中でがんばるブルースに、今までにないかわいさを感じました…。
彼だからこそ、ばらばらだったヒーローが団結出来たんだと思います。

孤独じゃなくなったこれからのバットマンが楽しみ。

 

ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス

単独映画『ワンダーウーマン』は最高でした。
今回も最初から最高のアクションを見せてくれました!かっこいい!!

いち早くチームに加わってブルースの補佐役って感じ…みんなをうまくまとめくれています。

彼女も人を拒んでいたことはあるものの、愛がすごいですよね。
映画『ワンダーウーマン』でも思ったけど、正義感もすごいけど、愛がすごい。

今回はチームをまとめるママ的な存在になってました。

 

フラッシュ/バリー・アレン

超速い。くらいの情報しかない。私はドラマを見たりしたので知っていることは多いけれど、
映画しか見ていない人は単独映画のないフラッシュのことはあまりわからないと思う。

のに!この存在感!
彼がいたから映画が明るくなったんじゃないかってくらいムードメイカー。
すごくかわいいです。
みんなの弟。愛されキャラ。

 

アクアマン/アーサー・カリー

とにかく迫力がすごい。
バットマンのベン・アフレックより大きく見えたので調べてみたら
アクアマン役のジェイソン・モモアは身長193センチらしい。同じくらいだ。

たぶん身長+迫力だろうと思う。闘い方も生き方も荒々しい。

そんな彼が今までの孤独感を打ち明けながら「もう1人じゃない」ことをつらつら語るシーンは良かったですね。
ダイアナ、グッジョブです。

単独映画が楽しみ。監督はジェームズ・ワンとのことです。

 

サイボーグ/ビクター“ヴィグ”ストーン

彼の能力は映画観るまであまりわからなかったんですが、世界中のコンピューターにアクセスできるって…最強では??

情報収集はもちろん、半分機械の自分の体も使って戦えるし。

まぁしかし、彼も自分自身や戦うことに戸惑ったり悩んだり…。
チームに入ることで居場所が見つかったのはみんな同じかもしれない。

単独映画が楽しみ。

 

スーパーマン/クラーク・ケント

そりゃね、復活してもらわにゃ!と思っていたものの、なるほど、そんな感じで…。

あの暴走は圧倒的すぎて怖かったし「死なせてももらえない」のセリフは切なくなりました。

でも彼は本当にスーパーマンですね。スーパーです。
ブルースとの会話は嬉しくて、こっちまで少しにこにこしてしまいました。

 

 

 

ヒーローチームというと、今まではアベンジャーズ!って感じだったのですが、
これからはジャスティスリーグも加わりますね。

アベンジャーズに比べるとこちらはなかなか荒々しい戦闘を繰り広げます。

迫力のある戦い方、連携は音楽も相まって、かなりテンション上がりました。

バットマンをはじめ孤独に戦ってきた「もう1人じゃない」ヒーローたちは、これからもっともっと強くなるはず。

 

 

 

音楽・曲

めっちゃかっこいい!

まず予告でも使われていたビートルズの曲『Come Together』
カバーしているのは Gary Clark Jr.(ゲイリー・クラーク・ジュニア)

MVにもジャスティスリーグの映像が!
曲もめちゃめちゃにかっこいい。

他にも、デヴィッド・ボウイの『Heroes』をGang of Youthsがカバーしていたり、

The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)の曲が使われていたり…。

デヴィッド・ボウイは原曲も…ボウイ様もかっこいいので、聴く人が増えたりすると個人的には嬉しい…。

ホワイトストライプスもいいですよ。姉と弟の2人がやってるバンドで(元は夫婦という謎具合)、かっこいい曲いっぱいあります。もう解散しちゃってるけど…。

ジャスティスリーグでは『The Hardest Button to Button』と『Icky Thump』が使われています。

今回音楽を手掛けたのは、ジャンキーXL。

テンションあがる映画は全部この人なんじゃないかってくらい、よく見る名前ですね。

『マッドマックス』『X-ミッション』『デッドプール』なども手掛けた人です。

 

 

DCEUの今までとこれから【DC映画の順番】

 

ついに始まった感のあるDCEU。これからの映画も楽しみです。

私的にはジャスティスリーグから入ってもいいと思います。
前の作品を見ていればさらに楽しめるけど、ジャスティスリーグだけでもおもしろいです。きっと。

でも、そこで気になったら前作も観てほしい!ちょっと暗めだけれども、今ならマーベルと違って少しで追いつきます!!w

マン・オブ・スティール

バットマンvs.スーパーマン ジャスティスの誕生

スーサイド・スクワッド

ワンダーウーマン

ジャスティスリーグ

 

2017年12月の今!ここまで!!
今後予定されているのは・・・

 

『ワンダーウーマン2』

『アクアマン』

『フラッシュポイント』

『ジャスティス・リーグ・ダーク』

『スーサイド・スクワッド2』

『シャザム!』

『バットガール』

『ザ・バットマン』

『グリーンランタン・コァ』

 

みたいです。

というのも、予定変更が多くてまた変わる可能性があるようなのです💦

『サイボーグ』も公開予定のはず・・・。

とりあえず、最新の情報を待ちたいと思います!!