映画『ジョジョ・ラビット』ずっと踊っていようね。

映画・海外ドラマ

公開前から気になってました。ジョジョ・ラビット。主にお小遣いの関係で躊躇していたものの、当日朝「やっぱ行きたい!」とバタバタ支度して最初の回で鑑賞してきました。
結果、良かったー!観に行って!という気持ちです。最高の映画初めになりました。

 

舞台は第二次世界大戦下のドイツ、ヒトラーに憧れる10歳の少年ジョジョが主人公のコメディ映画です。…って書くだけで、センシティブな題材をコメディに…しかもあの監督が…とどきどきしていたのですが、思った通りというか期待通りというか、かなり尖ったユーモアと皮肉に溢れた作品です。

ちょっとわき道にそれますが、監督のタイカ・ワイティティさんはマーベルのスーパーヒーロー映画『マイティ・ソー バトル・ロイヤル』の監督でもあります。
・・・が、私が初めて観た彼の作品は『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』でした。

これもなかなか面白かったのでおすすめです。4人の吸血鬼が一緒に暮らす様子をドキュメンタリー風に見せるコメディ映画です。

ジョジョ・ラビットに戻りますね。
映画はジョジョという男の子の目から見た戦争を、コミカルに描いていきます。不謹慎すれすれ…たぶんアウトだと感じる人もいると思うんだけど、序盤はとくに軽やかで面白い。(やってることは怖いんだけど)
イマジナリーフレンドのヒトラー総統もおもしろい。
やっぱり周りの大人たちがこういう風に盛り上がってたら、子どもはそれが正しい当たり前のことと思って突き進むだろうね。
戦争で戦いたい、国のためにユダヤ人は殺さなくちゃ、今思うとおかしな話でも当時はこういう状態のときがあって、それがそこまで遠くない昔の話だというのはこわいな…とポップな展開を見ながら思いました。

そんな中、スカーレット・ヨハンソン演じる母ロージーの軽やかなこと…!どんどんナチスに染まっていく息子を叱るでもなく、ただただ愛や自由が大切なんだってことを、軽やかに優しくジョジョに伝え続けるんですよね。
そのロージーがかくまっているユダヤ人の少女をジョジョが見つけてしまい、そこから「ナチスのジョジョ」の気持ちが揺れ動いていきます。

この映画、10歳の男の子の目を通しているからこそ、戦争の馬鹿らしさ、不毛さがかなりクリアに見えます。こんな馬鹿らしいことはもうやめよう。こんな大人を子どもに見せていいのか。っていう。

軽く観れる反戦映画…というと変な感じですが、この今の時代に合った反戦映画なのかもしれないな…と思いました。
戦争の映画はたくさん作られているものの、やっぱり「つらくて暗い悲しい難しい映画」みたいなのは避けてしまう人も多い中、この映画は軽やかに見せつつしっかり伝わるので、若い人にも見てもらえるいい映画なんじゃないかと。

なんだか年寄りみたいなこと言ってしましましたが、語り継ぐことは大切だと思うんですよね。過ちを繰り返さないためにも。そのなかで映画っていうコンテンツは映像やストーリーで強いメッセージも伝えられるいい媒体だとは思うものの、どんどん新しいものが作られることによって埋もれていってしまうっていうのも、あるじゃないですか。やっぱり。

私だってあんまり古い作品は、登場人物の考え方が違いすぎて付いていけなかったり、当時のことを知らないとうまく感情移入できなかったりするので、観ようとは思うもののなかなか…というのが現実です。
『ライフ・イズ・ビューティフル』は名作ですが、SNSでその話題を目にすることが、1年で何回あるだろうか…って考えたときに、新しい反戦映画っていうのは時代時代で作られていくべきなんだろうなと。・・・で、今だったらこのジョジョ・ラビットじゃない?っていう。

今は歴史を知っていないとわからないような難しいものよりも、この「見てこれ戦争wバカみたいじゃない?絶対しないわ」くらいのノリがいいのかもしれませんね。

わーお…かなり脱線しましたがまとめると、骨太のメッセージを隠した尖ったセンスのコメディ映画、でもコメディに埋もれることない感動のストーリーでラストには涙が流れる感動作です。といった感じでしょうか…。あれ。まとめられてる?

主演のジョジョを演じるローマン・グリフィン・デイビスくんはこの作品が初めて?なのかな。これからが楽しみな俳優さんですね。アカデミー賞ノミネートもされたスカーレット・ヨハンソン、映画を観て納得でした。とるかなー?めっちゃ良き役を演じたサム・ロックウェル、ヒトラー役の監督も味があってよかったし、『ロマンティックじゃない?』のレベル・ウィルソンや『ゲーム・オブ・スローンズ』のアルフィー・アレンも出演していましたね。
アルフィー・アレンくん、かわいい役どころで癒された。ずっとかわいい。

あー!あと!音楽もよかったわー!!ラスト、デヴィッド・ボウイでくるとは!最高です。以上かなー。それでは、いろいろありますが、私たちはずっと踊っていましょうね。