映画『マリッジ・ストーリー』結婚したくなる離婚の話

映画・海外ドラマ

スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーが出演。
事前の情報はあまり入れないで、この2人が出ていることと、ゴールデングローブ賞へのノミネートというニュースを見てNetflixで鑑賞しました。

一組の夫婦が離婚するお話です。
一言で言ってしまえばこれだけなのだけれど、ほのかに見えるコメディ要素と人間ドラマ、さらに演じる2人の役者力がこの映画を深くて暖かいものにしています。
そう、不思議なんだけど『結婚したくなる離婚のお話』です。

まだ鑑賞していない人は、まずは上のリンクから予告編を見てほしい。
普通の予告編にプラスして「私が思うチャーリーの長所」「僕が思うニコールの長所」というそれぞれから見たお互いのいいところを語る予告編があります。

この2人はお互いのことを本当にいろいろ見ていて、わかっていて、愛しているんだろうなっていうのがひしひしと伝わります。私、好きな人の長所と言えどこんな風にたくさん上げられる自信ないよ…。

そんな2人が離婚する。さらに親権を巡って裁判にまでなってしまうというお話なんですね。切ない。

穏便に離婚したいと思う二人の気持ちはだんだん置いてけぼりになって、お互いの弁護士たちが戦い始めるんだけど、その裁判で家族の中の日常のふとした一コマが、親権に値しない理由として挙げられたりしていくのは、これまでの幸せな時間まで壊れていくみたいで見ていてつらかった…。

裁判以外で話し合おうとした結果、2人は大げんかをするんだけど、そのシーンは本当に圧巻。彼らの迫力もさることながら、言いすぎていることに気が付きながら止められないことが手に取るようにわかってしまって、胸が詰まる。苦しい。愛し合ってるのにね。

そんな風に苦しいシーンがあるかと思えば、ふとした瞬間に入るコメディのバランスもよかった。
お互いの弁護士と一緒に会議室みたいなところで話をしていて、弁護士たちは依頼人の正当性だとか、相手の問題点だとかをあげつらって、がっつり論争しているのに、突然「おなかすかない?」って食事を仲良く注文し始めたりするところもその一つ。
当人2人だけが戸惑っているけれど、まぁ、弁護士たちはお仕事だからね、という。

そのシーンでも思ったけど、2人のことがわかるのは2人だけなんだろうね。夫婦のかたちなんて十人十色、いろいろな形があって他人にいくら話してもわかるものじゃないのかも。

何度も何度も「この2人、やり直せばいいのに」って思ったんだけど、ニコールが弁護士に語る理由だったり、チャーリーがNYにいる理由とかを考えるとやっぱり無理だったんだろうと思う。切ない。

お互いをよく知っていて、愛しているからこそ、一緒に夫婦として生きられない。それでも相手のことを大切に思っているし、人として本当に愛しているんでしょうね。素敵な関係。

とっても優しくて素敵な映画でした。

俳優さんの演技もとても良い。アダム・ドライバー、カイロ・レンのイメージが強かったし、スカーレット・ヨハンソンもブラック・ウィドウのイメージが強かったんだけど、こんな感じの役もいいですね。

とくにアダム・ドライバーの好感度が爆上がりした。かわいすぎない??いろいろ。アダム・ドライバーをスター・ウォーズで知っているだけの私みたいな人に、ぜひ見てほしい。かわいい。

とにかくいたるところで可愛いから!!

Christine FullerによるPixabayからの画像