映画『レディ・プレイヤー1』 オアシス最高!でも現実のごはんも最高!

2019-02-26ゲーム, ネタバレ感想, 洋画, Twitter, SF, サイモン・ペッグ, スティーヴン・スピルバーグ, オリヴィア・クック, タイ・シェリダン

今回も最後のどうでもいい雑談が多めの感想です。そしてストーリーについてはほぼ触れてない…けど、ネタバレに敏感な人は気を付けてくださいね。
大体いつもこうなので、この先もほぼこういう感じと思っていてくださいませ。

映画館で観ればよかったー!!!
観終わって一番最初に思ったのがそれです…。まぁでも充分すぎるほど楽しめました!
今(2019/02/26現在)はNetflixでも観ることができます。会員の方はぜひ。

2045年、人々はVR世界「オアシス」での生活に依存している。
5年前に死んだオアシスの創始者ハリデーの残した遺言は「ゲーム内に隠したイースターエッグを最初に見つけた者に遺産5,000億円とオアシスを運営する権利を与える」というものだった。
子どもから大人、大きな企業までエッグを得るための試練に躍起になっていたが、未だにスコアボードには誰の名前もなかった。・・・んだけれども?!というお話。

オアシスの世界

オアシスの中でなら誰でも自分の好きな姿形になることが出来ます。男でも女でも子供でもキャラクターやヒーローでもOK。ゴーグルを付ければすぐ「なりたい自分で好きなことが出来る」ってなったら私もぜったい入り浸る自信があります。
ちなみに全身スーツを着れば動きが伝わるだけでなく、触れ合う少しの感触すら感じることが出来るんですよ。ほぼ現実じゃない?
さらにオアシスがすごいのは、いろんな映画、アニメ、ゲームなどのキャラクターやアイテムが大集合しているところ。キティちゃんからキングコングまでいる世界でデロリアンが疾走します。
うわー!!どうやって作ったんだー!主に権利的な意味でー!!

・・・と、夢の世界じゃん!って感じなのです。

現実世界

それとは対照的に現実世界は厳しいものになっています。
主人公の住んでいるのはスタックと呼ばれる集合住宅で、見るからにひどい環境。トレーラーハウスやトラックが重ねてあるような狭い場所にたくさんの人が暮らしています。
他の場所も映るのですが、技術は進歩しているはずなのにオアシスの世界とは比べ物にならないくらいにさびれていて、どれだけ人々がオアシスに入り浸っているかわかります。
暗い現実世界は捨てて、人類はほぼオアシスに生きているという感じですね。

自分の生きているこの世界も、オアシスのようなものが出来ればこうなるかもしれないな。って思った人も多いのではないでしょうか。それほど夢物語ってわけでもないですよね。VRがもっともっと進化していって、ハリデーのような天才がいたら…どうでしょう。 オアシス、わくわくしますよね。現実捨てちゃいそうじゃないですか?
だって言ったら生まれ直せるみたいなもので、しかも自分の好きなアバターになれるんだから…うん、私は現実捨てるわ…。 もうね、すぐオアシスの住人になる…たぶん。

3つの試練とイースターエッグ

そんな夢のような世界で3つの試練とエッグ探しという、楽しいゲームが始まります。テンション上がりますよねー!映画やゲームの世界に入り込んだようなわくわくどきどきです。
主人公たちは大企業IOIに邪魔されながらも、友情を深め、力を合わせて謎を解き、最後にはIOIのやり方に反対する人々を先導しての大バトルへと突入するのです。ここがめっちゃ興奮するので覚悟してください観ていない人!!びっくりしますよ。

試練の謎はハリデーに関係した事柄がヒントになっています。
みんなに尊敬された天才ハリデーの孤独や後悔が垣間見れて、ちょっと切ないです。ただの謎解きではなくて彼が残したメッセージなんですよね。
ハリデーと同じように現実が生きづらいと感じる主人公たちだからこそ、さくさく謎が解けたのかもしれませんね…。
うん。5年も人々が手こずってたわりには、さくさく溶ける謎…。こんなところもゲームっぽい。

現実がいちばんリアル

ハリデーが最後に言ったように現実がいちばんリアルなんですよ。ごはんがおいしい。

私も「オアシスいいなー入り浸りたいなー」って思ってはいましたが、この映画がオアシスさいこー!っていうので終わらなかったところに感動しました。

試練をクリアすればハリデーの後悔や孤独を知ることが出来る→仲間で力を合わせる→大切なことが伝えられる→その人に遺産とオアシスを任せるっていうハリデーの完璧な遺言だったと思います。
ラストもハッピーで良い!現実も大切にしなきゃね。ごはんおいしいし(2回目)

さて、雑談なのですが…ネット上のキャラ、どんな風にでも作れますよね。だからこそ「どんな人(キャラ)になるのか」っていうところにけっこう人間性が出ると思っています。
人って自分の顔が相手に見えないような状態だと、けっこう酷いこというものなんですよ。
それ、面と向かったら言える??ってこと平気でいう人がいます。
ネットの出会いは信用するな!と怒られる主人公ですが、オアシスは見る限り1人1アカウントっぽいので、そこら辺はリアルに近い人間性とみていいかもしれないですね。

複数アカウントのやつ、あれはダメです。裏アカみたいので暴れる人間や悪口言うだけのアカウントつくる人間もいるので、1アカウントでぜんぶ判断するのは危険です。
夜のオシゴトのアカウントのときですが、フォロワーがある程度増えるとマジで私への悪口用アカウントみたいのが現れるんですよ…こわいね。
毎日悪口いってくるので、こない日があると逆にこっちが心配したりしてね…。なんでブロックしなかったんでしょうね。私も…寂しかったんでしょうね…。

今のTwitterアカウントは私そのものなので、安心してください。本当です。アイコンも自分の写真です。本当ですよ。いやいや、悪口陰口用アカウントとかないので、全部同じアカウントなので信用してくださいね。
喜怒哀楽ぜんぶ、映画のことも私生活も愚痴も、ひとつのアカウントに投稿してます。ね、わかりやすいでしょ。
・・・分けた方がいい感じ??

アイキャッチ画像:Pixabayのbeejeesによる画像です