映画『ナイスガイズ!』笑えるバディコメディ!(受験生は見ちゃダメ)

2019-01-15ネタバレ感想, 洋画, スリラー, アクション, コメディ, ミステリー, クライム, ラッセル・クロウ, ライアン・ゴズリング, シェーン・ブラック, マット・ボマー

劇場公開時にかなり評判が良かったので気になっていた映画。たしか日本公開の時期が「ラ・ラ・ランド」と被っていて、金欠だった私は迷った結果ラ・ラ・ランドを観たんですよねー。いやー…。どっちでも正解だったな!って感じです。
バディものどたばたコメディ。ナンセンスな笑いがたくさん。死人もたくさん…。でもストーリーはしっかりおもしろくて、伏線もばっちり散りばめられてるので2回目の鑑賞も面白かったです。
…そう、これ本当に気に入ってしまって何回も観たんです。今(2019/01/15)現在はhuluで観られるのですが、消えてしまったらBlu-ray買うかも…。

1977年。昼間から酒浸りの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)と、暴力で物事を解決する示談屋のヒーリー(ラッセル・クロウ)、そしてマーチの娘ホリー(アンガーリー・ライス)が、失踪したアメリアという少女を捜索しているうちに、なんだか思いもよらぬ大きな事件に巻き込まれていくお話。

おもしろいポイントはたくさんあるのですが、なにより言いたいのは
ライアン・ゴズリングがかわいい。
マーチのダメ男ぶりは、今まで映画で見たダメ男の中でも群を抜いてダメ。何をやってもダメ。常に酒に酔っていて…そして落ちます。とにかく落ちる。すごいところから落ちるのに、生きてる。不死身かよ。(…この映画、他にも「落ちる」描写が多いから受験生は見ない方がいいですね。きっと。)
そもそも最初の登場から「スーツ着たままバスタブ」。そんなのセクシー狙った雑誌の写真でしか見たことないですよ。
(試しに「海外俳優 バスタブ」で検索したら、だいぶ出てきたけども…)
そしてすぐキャーキャー言っちゃうビビりキャラで笑っちゃうくらい情けない。かわいいんですよ。本当に。公開時、映画館でラ・ラ・ランドのあとにこの映画を見ていたら、ライアン・ゴズリングの変貌っぷりにびっくりだったろうな…。コメディもいけるんですね、笑わされました。
おもしろいライアン・ゴズリングを見るならこの映画で間違いないですね。

ちなみに余談ですが、怖いライアン・ゴズリングを見るなら「ドライブ」です。(感想こちら

相棒になったヒーリーからも驚かれるダメ男っぷり。
なのに!ただの行方不明の女の子を探す依頼から、どんどん話が大きくなっていって…とうとう政治や自動車産業にまでたどり着くんですよ。無茶じゃないですか?無茶なんです。
でも、最後までかっこよく生まれ変わったりせず、心を入れ替えたりもせず、ダメなまま解決するんです。めっちゃおもしろい。爆笑というよりは、終始にやにやしながらみてしまう映画でしたね。

殺し屋役でマット・ボマーが出てきたのにびっくり。出てるの知らなかったんですよ。かっこいいですよねこの人。あまりに顔が整いすぎてたまに人間に見えない時があります。好きです。
…あと…噂では、2人が投げ落とした死体はロバート・ダウニー・Jrが演じているらしいです。でも顔があれじゃわからないですよねー…。

最高にレトロで軽薄でピンクなアクション・コメディ映画でした!!これ、続編ほしいなーーー!!!!!このコンビ+娘ちゃんの映画がもっと見たい!