怖い映画祭り!Netflixで観られるホラー映画10作品!

映画・海外ドラマ

ホラー映画、どうですか。
今回もNetflixで観られるもの(2020/07/24現在)をメインにまとめました。ほかの配信サービスで観られるものもあると思います。とりあえずあるものはAmazonのリンクを貼っておいてみますね。
怖い映画探しの参考にしてくださいませ。

テリファイド

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

怖いシーンがガチで怖い。
ある区域で起こっている様々な怪奇現象を調べてみると…というお話。
一体何なのか、どうなるのかわからない怖さ。
そして、ギレルモ・デル・トロ製作でハリウッドリメイクが決定しているそうです。
かなり期待しております。

エスター

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

おすすめホラーです。
養子を引き取った家族。だが、その女の子がどこかおかしい…というお話。
これは前日譚の映画が作られるそうです。楽しみですね。

感想記事はこちら映画『エスター』ホント鈍くてうんざりだけど、おもしろい。

ジェーン・ドウの解剖

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

身元不明の女性を解剖する検視官と、その息子が体験する恐怖。
美しい死体がいまにも動き出しそうでずーっと緊張感があります。

感想記事はこちら映画『ジェーン・ドウの解剖』死体と一緒の地下室で…

ラ・ヨローナ~泣く女~

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

中南米に伝わる伝説をもとにしたホラー映画。この伝説はほかの映画やドラマで知っている人も多いと思います。大人気ですね。そして「死霊館シリーズ」のひとつでもあります。
そう、間違いなしのおすすめシリーズです。
・・・神父がなかなか良いキャラです。

死霊館シリーズの記事はこちら映画【死霊館シリーズ】 ハズレなしの最恐映画たち
(ちょっと記事が古いです。すみません…)

アナベル 死霊博物館

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

死霊館シリーズでもうひとつ。こちらもおすすめです。
アナベル映画3作目。今回は問題のアナベル人形を引き取ってきたウォーレン夫妻の家で…大変なことが起こります。
もうアナベル以外の怪異も盛りだくさんです。怖い!そしてすごい!

感想記事はこちら映画『アナベル 死霊博物館』何てことしてくれたんだ。

バイバイマン

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

あのー、そこまで怖くないんです。観た後の感想としては。
でも怖いシーンの見せ方が秀逸。
追い詰められていく感じです。・・・続編狙って作ってる感があるので期待。

ゲットアウト

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

白人の彼女の家に挨拶に行く黒人の彼氏。一見歓迎してもらえたものの…というお話。
徐々に感じ始める違和感。黒人の使用人。言葉の端々に表れる微妙な空気。
ラストですっきり系ですね。モンスターや幽霊の恐怖ではないですが、怖かったー!!
・・・ある意味モンスターかも。

ザ・ライト エクソシストの真実

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

アンソニー・ホプキンスが全部持っていく系ホラー。
ですが、設定もおもしろい。神も悪魔も疑っている神学生が主人公です。

感想記事はこちら映画『ザ・ライト エクソシストの真実』疑い深い神学生と学ぶ悪魔祓い。

エミリー・ローズ

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

なんと実話ベースのエクソシストものです。
ホラー映画というよりは法廷ドラマです。
悪魔祓いの最中に死んでしまった少女。その悪魔祓いをしていた神父が罪に問われるというお話。
実際にあった裁判らしいです。

感想記事はこちら映画『エミリー・ローズ』実話?実話なの…?

残穢 住んではいけない部屋

Netflixはこちら↓

Amazonはこちら↓

急に邦画です。
これは怖かった。じわじわと「穢れ」が忍び寄ってくるような不安になる映画でした。
なにより、最初の畳を掃くような音…の話の間取りが自宅に似ててやられた。
どんどん広がっていく恐怖が後を引く、ここ最近で一番おすすめの邦画ホラー。

Netflixの怖い映画まとめ

前回のものはこちらです

今回の記事も含めてですが、期限切れなどでNetflixで観られなくなっている場合もあります。
ご了承くださいませ。
(Amazonのリンクも同様)

怖い映画、以前は避けていたほどだったのに、最近どんどん好きになってやばいですね。
ブログの記事も偏っている…。
でもなんか、元気出るんですよね。怖い映画。もともと好きだったんでしょうね…。

苦手な方も洋画ホラーから始めると意外と好きになるかもしれませんよ?ツッコミどころが多かったりしても、それはそれでおもしろいですし。
・・・それが好きなところでもあります。暇な時間のお供に、ぜひ。